原作・大場つぐみ、漫画・小畑健、「DEATH NOTE」のコンビが送り出す現代の「まんが道」ともいえる「バクマン。」は、2008年より週刊少年ジャンプにて連載を開始。週刊少年ジャンプとしては異色な内容ながら、連載開始と同時に「DEATH NOTE」ファンはもちろん、サブカルチャーファン、クリエイターファンなど、一般読者から業界関係者にまで幅広い層から熱狂的な支持を受け、全20巻で累計1500万部超えの大ヒットを記録しました。

そんな「バクマン。」の映画化に挑むのは映画『モテキ』で日本映画の新たな地平を切り開いた鬼才・大根仁監督。斬新な映像技術を駆使し、全く新しい映画を魅せると同時に、少年達の成長、戦い、友情、そして恋愛、爽快感と躍動感あふれるまさに王道の青春映画に仕上げました。そして、音楽と主題歌を担当するのはサカナクション。気鋭のロックバンドが、劇中音楽をすべてを書き下ろし、作品を盛り上げます。

週刊少年ジャンプの連載を目指す高校生マンガ家(作画担当)・真城最高(サイコー)を演じるのは佐藤健。佐藤演じる最高とコンビを組む同級生(ストーリー担当)・高木秋人(シュージン)役に神木隆之介。そして、最高が恋心を抱くヒロイン・亜豆(あずき)役を小松菜奈が熱演。最高&秋人と「ジャンプ」連載をめぐり白熱の戦いを繰り広げる最強ライバル、新世代の天才マンガ家・新妻エイジ役に染谷将太。ライバルとして、そして友人として2人と張り合うマンガ家に、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時。最高&秋人の才能を見抜き、2人を支えるジャンプ編集部・服部哲役に山田孝之。ジャンプ編集部編集長・佐々木役にリリー・フランキー。主人公・最高の叔父で漫画家の川口たろう役に宮藤官九郎。これ以上ない、超豪華実力派俳優陣が、個性豊かなキャラクターたちを演じます。